最近は,人間の食べものでさえ偽装などが問題になって
わんこの食べものは、殆どが、野放し状態・・・・
大丈夫なのでしょうか?
首を傾げるだけでは居られなくなってきていますよね。
 
安ければ、殆どが中国製・・・
だからと言って鹿の肉・羊の肉・などアレルギーに
良いからといって売られていますね。
このお肉は、本当に大丈夫なのでしょうか?。。。。。。
可愛いわんこのことを思うと なかなか手が出なくなってしまいますね。
あるオーナーさんは、高価格のフードであれば大丈夫と言っている方もおりましたが。。。。。

私は、何頭ものわんこを見送って来ました。
その子が食べていた『食べものを』考えてみることが良くあります。
何もなく健康で見送ってあげた子達は ちいさい時から
何でも食べる子でした・・・・

その何でも食べていた食べ物は 人参・大根の葉・キャベツ・ジャガイモ・さつまいも・
小松菜・胡麻油・ゆで卵・鶉の卵・鶏肉・レバー・砂肝・にぼし・アスパラ・等など
これらの野菜を一緒に煮込んだスープなど・・・・
これらのものを必ず毎日何点かは食べさせていました。
ですから、アレルギーの子も1頭もいませんでしたし・・・
過去30年近く見守ってきて
子宮蓄膿症は2頭・乳腺腫瘍1頭だけです。
(おデブちゃんヨーキーが1頭います・・・・この子は おデブですが、
いたって代表的な元気印の『元気っ子』なのです
11歳になって永久歯に歯石がまったく溜まっていないのです。
『其の子の写真』
1回も獣医さんで歯石除去などしたことは1度もしていませんし、
とっても真っ白な大きな歯を総て持っています)
このこの要因は、豚耳を(日本製のガム)1週間に1回上げているからでしょう。
其れから何でも食べ 煮干が大好き。。。
11歳になった今でもフーフー言いながら、豚耳をかじっています
小さい時から特に好きで今まで歯磨きの日課として上げ続けてきました。。。
お陰様で他犬より食欲がありすぎて困っていますが、大変健康です。

わんこは、自分で好きなものを選ぶことができません
ですから
わんこのことを考えて 一生を左右する健康のことを真剣に考えてあげる時が来ましたね!!
私が学んだことを少しお話ししてみますね。

卵は、栄養があるのでドッグフードにトッピングしてドッグフードと混ぜてさし上げると良いと思います。
老犬には、肝臓予防・腎臓病・糖尿病・癌などに効果がありますし
特に其の病気がある子は 是非さし上げてみてください。

肥満・関節炎・心臓病・にも予防効があると聞いています。

牛肉(赤みの部分) 成長の促進・貧血予防・コレステロール低下・などに効果的ですが、
脂肪も多く含まれていますので赤みの脂肪のないところを加減してあげるといいと思います。

鶏肉 肝機能の強化・皮膚の健康維持・の効果がありますがダイエットには、
恰好の蛋白源になります。
心臓病・白内障の予防に効果的と覚えています。

豚肉 運動をした時・ストレスが溜まって居るような時・にスタミナが欲しい時・育ち盛りの仔犬に
良く煮てさし上げて下さい。肥満・関節炎のも効果的。


レバー(牛) ビタミンAを多く含んで 疲労回復・感染症予防・肝機能強化などに効果的
免疫力を高め肥満・関節炎に効果的です。

但し 食べ慣れていませんと便がゆるくなってしまう子もいますので序除に
慣れさせながら上げて下さい。


羊肉 ビタミンBが 多く含まれて脂肪が少なく消化しやすくダイエット
皮膚の健康維持に最も効果的。


煮干 カルシュームの含有量は、牛乳の20倍含み ストレス緩和・骨や歯の丈夫にしますので
私の所では毎日3本が朝のおやつです。

かぼちゃ かぼちゃの黄色のカロチンは粘膜などを強化して
感染症からの抵抗力をつけてくれその他にビタミンなども豊富でとても栄養価の高い野菜です。
活性酸素を除去し発癌を抑制し血液をサラサラにして皮膚の健康維持に

腎臓・肥満・心臓病・白内障予防・老化防止・血行の改善に・とても良いです。

キャベツ 胃粘膜を強化して胃が弱い仔は、芯の部分を細かく刻んで生で上げるのも効果的
発癌予防・抗酸化作用・丈夫な骨つくりの手助けをします。(白内障予防に)


小松菜 ビタミンもミネラルもビタミンCなども豊富で抗酸化力がるので免疫力をつけ整腸作用もあり
怪我をしたときなどにも毎日食べさせると直りが早いですよ!!

肝臓腎臓・肥満・関節炎・心臓病・白内障予防にも効果的な食材です。

さつまいも 食物繊維が豊富で便通を正常にして胃腸の弱いわんこに効果的で
消化器系・腸炎おこしやすいわんこに・腎臓肥満・・関節炎・・関節炎・心臓病・白内障予防に
是非 お試しになってみてください。
紫芋には、ビタミン・類ミネラル・植物繊維・などがバランスよく含んでいるので
整腸作用・老化防止などに効果的です
(最近は、ポリフェノール類も多く含んでいることが解ったそうです)


大根 解毒効果があるのでアレルギーのわんこに特にお薦めします。
大根の葉は、カルシュームが多いのでわんこには、素敵なお野菜ですし
関節炎・白内障予防にもとってもいいですよ。

とまと リコピンが抗酸化力があり 癌の抑制効果大 クエン酸の効果で胃腸の調子を整えてくれます。

なす 熱ぽい時にお肉と茹でてあげたり利尿効果がありますので尿路結石などに
食べさせると良いと獣医さんに伺っています。

人参 人参の赤色のベーターカロチンは、皮膚や内臓を強化し 目の病気に効果があり
抵抗力を高めますし又カルシュームも豊富で骨の強化を助けます。
白内障予防・塩分を排出する効果・感染症予防・アレルギーで予防接種が出来ないわんこに
毎日食べさせてあげて皮膚を健康にしますし 免疫力を高め
肝臓腎臓・肥満・関節炎・
心臓病・白内障予防にも良いですよ。

ブロッコリー あまり茹で過ぎないようにして肌や骨の健康維持に、癌予防に上げて下さい。

ほうれん草 ほうれん草はベーターカロチン・カリウムが豊富で皮膚や内臓を強化して
目の病気(白内障に)効果的です。
元気の元といわれる健康野菜は、ビタミンやミネラルがたっぷり含まれていますので
感染症・免疫力予防に効果的です。


まめ類 整腸作用・利尿作用・がある豆類は腎臓病のわんこに 又豆腐は腎臓・肥満・関節炎・
心臓病・白内障予防にも利用価値あります。

果物 カリウムが豊富な果物は、腎臓の働きを良くして利尿効果・がん予防の効果的なので
1週間に1回は食べさせると良いでしょう。

みかんは、肥満に効果的です(あまり上げすぎますと便がゆるくなりますので要注意)

乳製品 骨・歯の強化・肝機能強化・整腸作用・がありますが、アレルギーのわんこには
お薦めできません。


植物性油 エネルギー源になる油は、整腸・健胃・皮膚の健康維持・心臓病予防にも効果的ですし
ごま油の匂いが苦手なわんこにはバージンオイルが良いと思います

穀類 はと麦には消炎・利尿・鎮痛作用がり解毒をうながし柔らかく煮て消化しやすい
状態にしてして 柔らかくして上げて下さい。

玄米 玄米は、白米よりも栄養が豊富で虚弱体質の仔にはお粥のようにして
色々な効果的なものと混ぜてあげると喜びます。


きのこ ノンカロリーのきのこは、ダイエットには最適です。細かく刻んでぐつぐつ良く煮込んで
スープ状にしてドックフードなどにかけて食べさせてください。


カリフラワー 抗癌予防・免疫力アアップ・コラーゲンの生成を促す働きがあり 肌にトラブルが
できやすいわんこ予防に良く茹でてあげてlください。
ブロッコリーは肥満・関節炎・心臓病・白内障予防にも最適です。

バナナ バナナは、食物繊維・ビタミンB郡・ミネラルを含み整腸作用・免疫強化などをして
栄養面でもすぐれた食べものですがわんこの好き嫌いが比較的ありますのできをつけてください


ブルーベリー ブルーベリーは、視力に良いアントシアニンが多く含まれて
抗酸化作用が高くコレステロールの生成を軽減する
といわれていますし老化防止・癌予防に効果的
がん予防のもなります。


わんちゃんにも確かのものを選んで
オーナーさんの愛情ある手作り食事を毎日作ってあげることが健康に良いのではないでしょうか!!
上記に掲げたその子にあった食材を
よく茹でてフードと半分位の量を混ぜて毎日健康のためにあげてみてください!!
可愛い宝物だからこそ・・・・長生きしてもらいたいからこそ。。。
とお考えの方に!!。

私の犬舎の食事は、沢山のいやっしっこ達がいますので
大きな鍋で仕込みますが、
スーパーに行ってその日その日に新鮮なお野菜があったら購入して
毎日色々なものと煮込んでいます。
(例えばキャベツと煮干とさつまいもとレバーと鶏肉と人参など一緒に)
煮崩れするように煮込んで なるべくその子に合う食材をトッピングして上げて
ドックフードと一緒に上げていますがドックフードは、
美味しさのための回りのコーテング付けのオイルはお湯で1回流します。
毎日バリエーションに富んでいますので
泣きが入るくらい待てなくて
喜んで食べてくれています
。。。。♪
私は、その顔を見るのが毎日1番の楽しみなのです・・・・
煮込んだスープもきちんと最後まで飲みほしてくれています。。。
特に年齢の大きい子に上げるようにしています。
だから
我家のヨーキーたちは、皆 元気で可愛い子たちをこの世に
授けてくれるだと信じています。
食材に感謝!! 感謝!!

当犬舎では、
手作りの煮込み御飯を上げていますが
最初にあげる時今までドックフードだけ上げていたような子は
レバーと同じように最初は便がゆるくなる子もいると思いますが
胃腸の消化が慣れて来ると便の状態もしっかりした状態に
なることがありますが
気になる方は、お止めになったほうが良いかもしれません!!
あくまでも私のところで食べさせていることをご紹介させて
いただきましたので、此処では
オーナーさんの判断でお試しになって頂きたいと思います。
ご自分のわんこは、ご自身で常識と判断で育て上げることが1番です。
わんこは、その環境でまったく違った育ち方と一生を過ごしますので
あくまでも1つの参考事例として読んでいただきたいと思います。

どうぞ あなたの可愛いわんこに、あった健康な食材を
毎日愛情もって、与えて頂いて あまり獣医さんと
仲良くならないようしていただきたいものですね!!

お願いですが。。。
犬をお連れして色々心配なこともあって
何かQ&Aのようなページがないかな?・・・・・
それでは。此処をクリックしてみてくださいね!!